NAMIMONOGATARI 2019 2019.8.25.SUN 常滑りんくうビーチ特設会場

Zeebra
AK-69
BAD HOP
般若
ANARCHY
t-Ace
ちゃんみな
CREAM
Awich
KOWICHI
JP THE WAVY
WILYWNKA
AYA a.k.a. PANDA
Bleecker Chrome
”E”qual
Normcore Boyz
WATARU
¥ellow Bucks
DJ KAORI
DJ RYOW
眞木蔵人
4-chez

Zeebra

GRANDMASTER、フリースタイルダンジョン、WREP、SUMMERBOMB、WEEKENDBOMBなど数々の番組やイベントを主宰。ヒップホップシーンのパイオニアである。日本初のHIP HOP専門ラジオ局【WREP】の開局や、MCバトル番組【フリースタイルダンジョン】のオーガナイズ等、日本語におけるラップを新たな次元へと引き上げ、ヒップホップ・シーンの拡大に貢献した立役者。97年のソロ・デビューから常にトップの座に君臨し続け、常に上のレベルを追求する姿勢に共感を覚えるリスナーも数知れない。15年目の物語はこの人無しでは始まらない。

AK-69

孤高のHIP HOPアーティストの真の伝説は今、夜明けを迎える。「険しい道を敢えて選ぶ」という自身の歌詞にもある通り、勝ち上がり辛い環境から、頂点を目指すラッパーである。2016年4月、伝説的なHIP HOPレーベル「Def Jam Recordings」の日本での再始動後初のアーティストとして電撃契約を果たし、同レーベルより初のフルアルバム『DAWN』をリリース。2018年Def Jam Recordings 2ndアルバム『THE ANTHEM』を2月27日にリリース、そして自身3回目にして初の2日連続武道館公演を2019年3月30日、3月31日に開催した。ソロデビュー15周年を総括するように、1日目を2004年から2011年、2日目を2012年から2019年までと年代を分け、全60曲以上の異なるセットリストで敢行。満員御礼の大成功を納めた。"勝ちは勝ちでも、こだわる勝ち方"。そのAK-69の信念を曲げぬまま、真の伝説は今、夜明けを迎える…。

BAD HOP

神奈川県川崎市を拠点とする、8MCによるヒップホップ・クルー。双子であるT-PablowとYZERR を中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Barkのメンバーで構成される。T-PablowとYZERRはそれぞれ「高校生RAP選手権」での優勝経験を持ち、T-Pablowは現在テレビ朝日系列「フリースタイルダンジョン」に初代モンスターとしてレギュラー出演していた。まさに、ここ数年の日本語ラップ・シーンを牽引してきた存在だ。2018年4月にはZepp Tokyoにてワンマンライブ「BAD HOP HOUSE」を主催。販売当日に前売りチケットが完売するなどインディーズのHIP HOPアーティストとしては異例となる3000人以上を動員し、大成功を収めた。そして2018年11月13日、初となる日本武道館でのワンマンライブ”Breath of South”を開催。異例となる3ヶ月を切った状態での開催決定にも関わらず、チケットは約3時間で完売。告知からステージング、演出までの全てをメンバー自らがDIYでこなしていき、約8000人の動員数を記録する大成功を納めた。川崎から<20代のリアル>をラップに乗せて発信し続けるBAD HOPは今や、日本のシーンにおける一大ムーヴメントとも言える。常識では考えられないようなスピードで次々と新しい記録と歴史を築き上げている彼らの躍進は続く。

般若

96年頃から単独で活動を開始。08年7月、4th Album『ドクタートーキョー』発表ともに、 昭和レコード設立。 この頃より公式HPにて本邦初の「音声ブログ」を開始、「ブログは般若ウェブサイ~」の名フレーズを生む。12月大阪なんばHATCHでの「ULTIMATE MC BATTLE 2008決勝大会」に東京代表として単身乗り込み、激戦を制して優勝。11年、のちに定期イベントとなる『昭和レコードTOUR SPECIAL』を立ち上げ。15年9月末よりテレビ朝日系で放送開始となった民放初のMCバトル番組「フリースタイルダンジョン」に「ラスボス」としてレギュラー出演。初の武道館公演を2019年1月11日に敢行し、成功を収めた。今年も新たな局面に挑戦してゆく般若から目が離せない。

ANARCHY

京都・向島団地出身。父子家庭で育ち、荒れた少年時代を経て逆境に打ち勝つ精神を培い、成功への渇望を実現するため、ラッパーとして活動することを決意。2005年のデビュー以降、異例のスピードで台頭し、京都のみならず日本を代表するラッパーの地位を確立。2014年にはメジャー・デビューを果たし、更にスケールアップした存在感でリスナーを魅了している。2019年3月にNEW ALBUM「The KING」をリリース。

t-Ace

昨年ライブ回数140回越え。今現在、旬なヒップホップアーティストと言えばこの男。t-Ace。現在初の全国ワンマンツアー「t-Ace First Live Tour 2019『エロ神伝説』」を敢行中。2008年デビューのHIP HOPアーティスト。沖縄生まれ、水戸育ち。クラブ中心で行っているライブ活動は年間100本以上をこなし全国各地で動員記録を塗り変え続けている。特に若年層女性からの指示を受け『t-Aceのライブの日には夜の飲食店女性の出勤率が地方都市では下がる』とも言われる。デビュー10周年を迎えた2018年ライブ出演回数は140回を超え、アルバム2作・シングル8曲リリースと異例のハイペースでの活動を行っている。2018年12月26日に9作目となるアルバム「エロ神伝説」を12/26にリリース。現在2019年3月から全国19ヵ所を巡る、初の全国ワンマンツアー「t-Ace First Live Tour 2019『エロ神伝説』」を敢行。

ちゃんみな

日本語、韓国語、英語を巧みに操るミレニアル世代のトリリンガルラッパー/シンガー。幼少期よりピアノやバレエ、ダンス、歌を始める。作詞作曲のみならず、トラック制作、ダンスの振り付けなど全てをセルフ・プロデュースで行い、アーティスト活動をスタート。高校2年生時に制作した「未成年 feat. めっし」、「Princess」が高く評価され一躍注目を集め、2017年2月に「FXXKER」でメジャー・デビューし、MVの再生回数は700万回を突破。代表楽曲にもなった「LADY」と「CHOCOLATE」は、iTunes HIP HOP / RAPチャート1位、LINE MUSICで1位を獲得した。その後、Girls Award、ULTRA JAPAN、ROCK IN JAPANや2年連続でSUMMER SONICへの出演を果たした後、2018年9月にワーナーミュージック・ジャパンへ移籍。同月に発売した移籍第一弾シングル「Doctor」は、LINE MUSICで最高2位を獲得し、その風刺的な歌詞と独特な振り付けで、国内外から称賛を受けた。同年11月には、自身が20歳になる直前の想いを綴った「PAIN IS BEAUTY」を発売し、LINE MUSICで最高3位を獲得。2019年に入ると、日本語、英語、韓国語での歌唱に初挑戦した「I'm a Pop」をリリースし、キャリア初となる東阪Zeppツアーを行う。同年4月、国内女性ソロアーティストとして初、「モンスターエナジー」とスポンサーシップを締結し、同年5月には、MTV Asia制作、アジア版「Yo! MTV Raps」に日本人アーティストとして初めて出演を果たす。国内外問わず、同年代から圧倒的な支持を受ける、今最も注目すべき若手アーティストの一人である。

CREAM

HIPHOP、J-POP、EDMまで網羅し若者からの支持を受け続けているユニット。2016年のN.M.G.初出演から人気が衰えず、数少ない4年連続出演のアーティストとなる。シンガーソングライターのMinami(ミナミ)と、ラッパー / トラックメイカーのStaxx T(スタックス・ティー)が結成したニューグループ、CREAM(クリーム)。メインストリームを主軸に、EDM、POP、HIP HOPまでを網羅し、他にはないサウンド"NEW J-POP"を作り出す、1ヴォーカル&1MCのマルチユニット。個々でも、TERIYAKI BOYZ_やVERBAL、AKLO、下拓、JAZEE MINORへのフィーチャリング参加、m-floや安室奈美恵、BoA、V6、Hey! Say ! JUMP、JASMINE、塩ノ谷早耶香といったアーティストへの詞曲提供など、クリエイターとしても精力的に活動している。自らYouTube上に立ち上げたチャンネル"CREAM VISION"では、オリジナル楽曲やライブ映像のほか、名曲のカバーやリミックスなど、幅広い選曲で動画をアップし続け、トータルビューは5,000万回を、チャンネル登録者も16万人を突破し、現在も記録を伸ばし続けている。

Awich

沖縄県那覇市出身にしてヒップホップクルー、YENTOWN所属。14歳で本格的な音楽活動を開始し、その後、米国アトランタに留学。結婚と出産、夫の死を越え、2017年に発表したアルバム『8』でブレイクを果たした。2018年10月にDOUBLE EP『BEAT』『HEART』をリリース。

KOWICHI

近年、多くの才能をシーンへ輩出して盛り上がりを見せる川崎をホームに活動するラッパー、KOWICHI。2012年からソロ活動を本格的に開始し、ファースト・ソロ・アルバム『The Chips』をリリース。14年に発表したセカンド・ソロ『The DINER』からは“BoyFriend #2” feat. pukkey & DJ TY-KOHがスマッシュ・ヒットを記録。その後、KOHH、YOUNG HASTLEを迎えた同曲のリミックス、“LYNE”と2曲連続でiTunesヒップホップ・チャート1位を獲得し、TY-KOHとのコラボでのオフィシャル・ミックスCD『Stoner Life The Mixtape』でもストリートでの話題を独占。さらにAK-69 "A Hundred Bottles (Remix)"、DABO & DJ KEN WATANABE"恋はAT"等、多くの客演曲もリリースとなり、15年10月、収録曲”No, No, No feat. T-PABLOW”が話題になったサード・アルバム『SheCRET』をリリース。テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」のゲストLIVEや全国からのLIVEオファーも殺到する中、15年11月DJ TY-KOH, YOUNG HASTLEと共にレーベル、FLY BOY RECORDSを設立。原宿アストロホールにてYOUNG HASTLEとの2マンライブを成功させる。16年10月、待望のフォース・アルバム「The Plain」をリリース。17年2月には配信限定EP「REP MY CITY」シリーズのpt.2をドロップし3月、フッドでもある川崎セルビアンナイトにて自身初のワンマンライブも大成功を収める等ホットなラッパーとしてシーン内外で大きな注目を集めている。

JP THE WAVY

「超WAVYでごめんね」というワードをストリートシーンで流行語として確立させた新進気鋭ラッパー”JP THE WAVY”。2017年5月にYouTubeでMVを公開した”Cho Wavy De Gomenne”が瞬く間にネット上に広まり、旬でハイセンスなダンスと新ジャンルな音楽性、ファッションスタイルで若者たちの心を掴んだ。さらにSALUをフィーチャーしたリミックスバージョンは再生回数約1000万回(2019年3月現在)を記録し、加藤ミリヤや MINMI、SALUらの楽曲にも参加するなどして大きな注目を集めた。また2017年にリリースしたEP ”Wavy Tape” ではiTunes HipHopチャートで1位を獲得、そこから約1年ぶりとなるリリース「Neo Gal Wop」、韓国の人気ラッパー、Sik-Kを客演に迎えた「Just A Lil Bit feat. Sik-K」を2ヶ月連続でリリース。さらにアメリカ・オースティンで開催されている世界最大級のカンファレンスSXSW 2019やLAでもライヴを行うなど海外でも注目を集めている。そして音楽と同等に注目を集める彼のファッションセンス。今注目を集めるトップブランドに身を包む姿で、ファッションと音楽の交錯を誰よりも上手く表現している。そんな彼の今後の活躍をSNSでも是非チェックしてほしい。

WILYWNKA

大阪出身のヒップホップ・アーティスト。21才の若さで持つリリックの完成度とフローは日本語ラップ界でも非常に話題を呼び、ANARCHYをはじめシーンを代表するラッパーたちから注目されている期待の新人。韻踏合組合のHIDADDYのショップ「一二三屋」でラップを修行し実力に磨きをかけながら、2012年には高校生ラップ選手権に第1回から「TAKA」として出場し非常に高い評価を受ける。2015年に自身初となるミックステープ『FLY KICKS』 をリリース。2017年には大阪レゲエ・シーンの若手VIGORMANとプロデューサーGeGと結成したユニット、「変態紳士クラブ」として1st EP 『ZIP ROCK STAR』をリリース。さらにAbemaTVで開催された次世代ラッパー・オーディション番組「ラップスタア誕生」に出場し、惜しくも2位となるが、誰よりも楽曲のクオリティーの高さを見せ付ける結果となった。2018年にはANARCHYが立ち上げたNEWプロジェクト「1% (ワンパーセント)」とソロ契約を結び、9月19日には待望の1stアルバム「SACULA」をリリースし、さらなる活躍を続けている。

AYA a.k.a. PANDA

地元埼玉や東京渋谷のシーンを中心に活動するHIPHOPアーティスト。2014年よりISH-ONEプロデュースのフィーメールユニット『S7ICKCHICKs』のメンバーとして活動を開始。フリースタイルダンジョン、超流派、BAZOOKA!!! 、AbemaMix by AbemaTV、SUMMER BOMB 、WREPパーソナリティ等、様々な現場を経験しキャリアを重ねる。またソロとしても、DJ PMX 、SEEDA、SIMON JAP、KOWICHI、DJ KEN WATANABE、十影、SLOTH 、RAM 等様々なアーティストの作品への参加を果たす。2017年11月1日にはタイプライタープロデュースのソロシングル「甘えちゃってSorry」を配信リリース。「甘えちゃってSorry」のYouTube再生回数は1050万再生回数を超え(2019年4月現在)異例の大ヒット。Twitterに投稿されたLIVE動画のバズやTik Tokでは、「甘えちゃってSorry」のワンフレーズ「君の札を酒に変える金曜日の夜」で投稿する人が30000人を超えるなど、口コミで徐々に人気をはくし2018年4月のLINE MUSICの着うたランキングでは全ジャンルの中で1位を獲得。2018年4月S7ICKCHICK解散後はソロライブを全国各地で勢力的に行い、最新曲ではキャバドレスブランドdazzyとコラボ楽曲「Show me love」が配信中。公式Instagramのフォロワーは3万、Twitterのフォロワーは1万8千を超え、楽曲のみならずファッションやスタイルにも注目が集まる。あらゆる枠やスタイルにとらわれず自分らしく、表現者というスタンスにこだわり自分らしく活動。一貫してブレないその感覚はその見た目からは想像し得ないパワーで男社会をタフに生き抜くフィメールMC。

Bleecker Chrome

yvyv、KENYA、MariaからなるBleecker Chrome。若干十代にしてニューヨークでの生活を経験し、抜群の英語力とメロディーセンスでシーンに新しい風を送り込む! 最高の環境での経験と抜群の歌唱力、また自身でもソングライティング、ビートメイキングそしてダンスまでもこなすなど今までに確実になかった新型グループである。 まだ正規リリース前にもかかわらず昨年夏、渋谷ハーレムでのツアーファイナルは400人を動員し今最もリリースが待たれるyvyv、KENYA、Mariaの3人が新たにBleecker Chromeとして2019年いよいよそのベールを脱ぐ! -yvyv- 1999年生まれ 19歳 ビート、レコーディング、全てをセルフプロデュースする次世代のラッパー -KENYA- (ケンヤ) 2001年生まれ 17歳 HIP HOPに感化された最先端のR&B、 トラップソウルで勝負する現役高校生R&Bシンガー -Maria- 1999年生まれ 19歳 メロー/エモなRAPを主に強みとする次世代ラッパー

”E”qual

1978年生まれ、名古屋出身。1996年TOKONA-X、AKIRAと共にMASTERS OF SKILLZ結成。2000年グループ名MASTERS OF SKILLZを「M.O.S.A.D.」と改名。2002年1stアルバム『THE GREAT SENSATION』を発表、2004年ソロでHarlem Recordingsよりアルバム『GET BIG THE BALLERS』をリリース。その後メジャーデビューを果たし、コロムビア、avex/tearbridge recordsにて次々と作品をリリース。メジャーでの数々の経験を経て、 今回再びM.O.S.A.D.作品をリリースした古巣MS Entertainmentと契約。トラックはもちろんのこと、アートワーク、映像制作まですべてをセルフプロデュースし、原点であるStreetに立ち戻った音楽活動を行う

Normcore Boyz

幼馴染5人組で構成するお台場出身のクルー Tokyo Young Vision 所属。2018年2月 1st EP をリリース、同年7月にもMIXTAPEをリリースし SUMMER SONIC 2018 に出演。2019年1月にリリースしたトラックメーカー ZOT on the WAVE とのコラボEPはApple Music HIP HOPチャートにて1位を獲得

WATARU

1989年東京生まれ。幼少期は5歳より空手を始め、数々のビッグタイトルを獲得。17歳の時にユース日本代表に選ばれる。9歳の頃にサーフィンを始め、そこからはサーフィンにも夢中になる。高校時代には本格的に音楽活動をスタートさせ、サーフミュージックやハワイアンレケ゛エ、ヒッフ゜ホッフ゜などの影響を受ける。2015年6月MV 「HAWAII」をYouTubeにて発表。2016年7月1stミニアルバム「おしえて神様」を初リリース。日々の体験から作られたWATARUのメッセージは、誰にでも一度は経験したことのある想いや気持ちがストレートに表現されたリリックとなり、様々な世代からも支持を受け、サーフカルチャーに精通しているミュージシャンやフ゜ロサーファーからも多くの支持を得ている。

¥ellow Bucks

1996年生まれ。岐阜県高山市出身。2019年AbemaTVより配信されているオーディション番組「ラップスタ誕生!」Season3にて優勝。SNSを中心に全国に名を轟かせ、2018年にPLAYSSONと共にリリースしたEP「CITY VIEW」は即完。HIPHOPに魅せられた男は、自らのフィルターを通しオリジナリティを発信し続ける。“皆が言うやっぱバックスは最高”4月24日ラップスタア誕生!にて制作した楽曲、「ヤングトウカイテイオー」「Trust In Bucks」を収録した待望の1st EP “To The Top”をリリース。そろそろ見たくはないか?その先の先を…

DJ KAORI

単身でニューヨークへ渡り、クラブでプレイしているところを現地No.1 Hip Hop DJ、 ファンクマスターフレックスの目に留まり、彼が率いるDJ集団Big Dawg Pitbullsに 唯一の女性DJとして迎え入れられる。その後NY Timesの1面を飾ったり、ニューヨークの No.1ラジオ局Hot 97にて日本人としては初となるDJプレイを披露したりNY中にその名を 知られるようになり、忙しいときには週5本のレギュラーを抱えていたほど。 さらにはマライア・キャリーやP・ディディといったアーティストや音楽界以外でもマイケル・ジョーダン、 マジック・ジョンソン、マイク・タイソン等スーパーセレブからパーティDJのオファーを受けるまでになる。今までリリースしたMIXCDは異例のトータル売上枚数480万枚を突破。 また、2008年リリースした『RAGGA MIX』『INMIX DVD』はゴールドディスク大賞も2部門で受賞。 ミックスCD以外にも、DOUBLE、安室奈美恵等のリミックスを手掛けたり、May J.のヒット・シングル を筆頭に楽曲プロデュースも手掛け ヒット・プロデューサーとしての一面も開花。 自身も歌手としてこれまて゛にDJ KAORI&DOUBLE「Miss DJ」(2007)、DJ KAORI with JAY'ED 「You're The Only One」(2008)、「S・A・Y・O・N・A・R・A」(2009)なと゛をリリースしている。DJ以外にも、全米視聴率No.1 のモンスター番組『アメリカン・アイドル』レギュラー・ナビゲーター (FOXインターナショナル・チャンネルズ好評放送中)を務めたほか、ドラマ番組の音楽選曲 (フジテレビ系ドラマ『チャンス!~彼女が成功した理由~』)なども手掛け、 また2011年4月からはフジテレヒ゛系『魁!音楽番付~EIGHT~』のメインMCとして活躍した。 そのファッションセンスやライフスタイルでも全国の女性の憧れの的となっている。

DJ RYOW

岐阜県大垣市出身のヒップホップDJ/プロデューサー。現在は名古屋を拠点に活動しており、DJとしてはすでに20年のキャリアを誇るベテランである。1998年からの20年間で培った、確かな選曲センスとミックススキルには定評があり、名古屋や東京をはじめとする国内各地はもちろん、アジアや北米などの海外でのプレイも幾度となく経験している。そのキャリアの過程ではライフワークとして数多くのDJミックス音源を世に送り出し、DJ MISTER CEE、DJ ENVY、DJ GREEN LANTERNといった本場アメリカのトップDJとも共作ミックスを発表するなど、海外のDJとの交流も深い。また、その活動の軸であるヒップホップのほか、注目のEDMなど各ジャンルの海外アーティストらを招聘する大型ダンスミュージックフェスにも出演。2度の日本武道館公演を成功させたAK-69のアリーナツアー全公演のサポートを担当するなど、ライブDJとしての信頼も厚い。東海エリアNo.1のラジオステーション「ZIP-FM」では2016年4月から自身のレギュラーミックスコーナーを担当するなど、今やその名は幅広い層に認知され、”ローカルヒーロー”の枠を軽く飛び越えるその活動は、国籍やジャンルすらもクロスオーバーしている。一方、DJと並行して歩みを進めてきた楽曲製作/プロデュースワークも活動的。2005年には、初めてのソロアルバム「PROJECT DREAM」を発表。以降、自身が主導したプロダクションチーム「GRAND BEATZ」名義の4作品を含めてコンスタントな作品リリースを続け、2018年3月発売のソロアルバム「NEW X CLASSIC」は通算10枚目のリーダーアルバムとなった。多彩かつバランスの取れたDJらしい楽曲群には、AK-69、ZEEBRA、KOHH、PUSHIMらうぃ筆頭に国内のラッパー・シンガーが多数参加。FRED THE GODSONやOG MACOといったアメリカのラッパーとも濃密なコラボレーションを実現させている。2016年にはCBCテレビ開局60周年のテーマソングのプロデューサーにも抜擢されるなど、いわゆるオーバーグラウンドな仕事にも積極的に取り組んでいる。加えて現在は、自らの音楽レーベル「DREAM TEAM MUSIC」を運営。自身の知見を生かし、新進アーティストの育成・バックアップに力を注いでいるほか、クロージングブランド「DREAM TEAM」および独自店舗「DREAM TEAM NAGOYA」も経営し、ヒップホップを"MORE THAN MUSIC"なライフスタイルとして体現している。

眞木蔵人

15歳の時 NHK 大河ドラマ『武田信玄』で俳優デビュー。『あの夏、いちばん静かな海』『BROTHER』などの北野武監督作品や、『傷だらけの天使』『亡国のイージス』 をはじめとする阪本順治監督作品など多数映画に出演。その独特な存在感で各方面から高い評価を受け、映画俳優としての地位を確立する。その一方でサーファー( 特にロングボード ) としても国内外で活躍し、俳優・サーファーとして幅広い層からの支持を得る。1995 年には全日本ロングボードの部で優勝し、ロングボード日本代表として ISA世界選手権に出場し見事世界5位とういう好成績を残す。また、2006 年より再びコンテストへの出場を積極的に行い、各大会で結果を残し ASPジャパンが発表したジャパンナショナルリーグの公式ランキンクでは世界9 位にランクインしている。 俳優・サーファーとして活躍するだけにとどまらず音楽活動、映像制作にもその多彩な才能を発揮し続けている。

4-chez

2007年からNAMIMONOGATARIのMCを務める‘93年結成の老舗レゲエサウンドシステムSAMURAI super powerのMC日本全国のレゲエフェスでMCとして活躍!07年当時ZIP FMのナビゲーターとして在籍中にNAMIMONOGATARIのMCに抜擢!以来、レゲエで培われたヴァイブスでヒップホップヘッズを煽りまくるスタイルは唯一無二。ゴリゴリのサーファーである!

ローソンチケット

チケットぴあ

LINE@

バスツアー

NAMIMONOGATARI 2019 2019.8.25.SUN 常滑りんくうビーチ特設会場 お問い合わせ